• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

© 2018 by MAZIRU  記事画像の無断転載禁止  ห้ามทำซ้ำภาพบทความโดยไม่ได้รับอนุญาต

Power of Fashion マディアオとファッションの力 -Madaew特集1

October 8, 2018

Madaew特集1 特集2特集3

 

タイでも完全にSNSが定着し誰でも世界が見れ、世界と繋がれるようになった頃、タイで一人の男の子が話題になった。2015年から彼はタイの東北地方から奇抜で独創性豊かなファッション写真をアップし出し、瞬く間にタイだけではなく世界中で注目されるようになった。そんな彼の写真をMAZIRUで撮り下ろし、さらに、彼の独創性のルーツについて語ってもらった。

Maziru X Madaew 

 

いつものようにFacebookのタイムラインを眺めていたら、モノが体に貼りついたような姿でポーズをきめる少年の画像が流れてきた。着てる? ファッションモデル? 誰? 不思議でエキセントリックな写真に惹かれて調べてみると、どうやらSNSで話題の17歳のMadaew(マディアオ)という名前のガトゥーイ※1だということがわかった。

IG: madaew99

 

タイヤ、ハンガー、薪、食器、かご、風船、ゴミ袋、バナナの葉、トタン板……。日常で目にするモノをファッションに変え、華麗に着こなすその姿は自信に満ち溢れ、気品すら漂っている。その創造力、自信はどこから来るんだろう。彼の魅力の根元に迫った。

※1 タイ語でMTF(身体的には男性であるが性が女性)をさす言葉

Madaewという魅力

 

現代のツールで有名になったMadaew、そんな彼にインタビューをしてきた。


───まずは、Madaewの基本的なことを聞かせてください。

 

Madaew本名はアピチェーット・エーティットラッタナ。ニックネームはMadaew(マディアオ。意味は、マ=馬 /ディアオ=一つの。ただし、タイ語表記の『ม๊าเดี่ยว』は彼自身の作字)です。1999年3月29日、月曜日生まれ。今年で17歳です。老けたでしょ? ベビーオイルで肌のお手入れをしています(笑)。

 

───Madaewと言えば、SNSで写真が拡散され世界的に話題になったことで有名ですが、撮影をはじめたきっかけは?

 

Madaew友達とのグループSNSにアップするためにスマートフォンで撮影しました。2015年3月、15歳の頃です。最初の写真は歩道橋で布を使って撮影しました。その写真を友達がFacebookでシェアをしたら反響があって、それ以降学校が休みのときは3日に1回、学校が始まってからは1~2週間に1回くらいのペースでSNSにアップしました。回数を減らすと期待が高まって、フォロワーがどんどん増えていきました。

 

IG: madaew99

海辺に落ちていた縄を使用して作ったドレス。3分くらいで作りました。

 

 

 

 

───ファッションのモチーフはどうやって選んでいるのですか?

 

Madaew始めた頃はまだ子供だったので、目についた物をなんでも使っていました。本当になんでもよかった。今は少し大人になって視野も広がり、以前よりは考えて選ぶようになりました。アイデアを普段から貯めるわけではなく、アイデアが生まれたらとにかく作ってみるんです。瞬間のインスピレーションが大事で、練りすぎたアイデアはうまくいかないことが多いです。

 

───誰が撮影しているのですか?

 

Madaew初めの頃は友達やお父さんが撮ってくれていました。クンメー※1と出会ってからは、クンメーが撮ってくれています。私がアングルの指示を出しながら、ポージングをどんどん変えて100枚~300枚撮影して、その中からSNSにアップする写真を選びます。撮影や写真加工、SNSにアップするまで、すべてスマートフォンで作業します。仕事のプレゼンテーション用資料もスマートフォンで作っていますよ。

 

※1 クンメー:マディアオのマネージャー。クンメーとはタイ語でお母さんという意味。周りの人から「クンメー」と呼ばれているので記事中も「クンメー」と表記し、マディアオの実のお母さんは「お母さん」と表記する

 

───アプリは何を使用しているのですか?

 

Madaewトップシークレット(笑)。 どういう基準で大量に撮影した写真からSNSにアップするものを選んでいるのですか? マ:言葉じゃ説明できません。何かが降りてくる感じで、OKラインが感覚でわかるんです。SNSで反応がいいものは、自分でも良いと思っているものですね。

 

───どの作品の反響が大きかったですか?

 

Madaewブロックや薪(P11左下)の作品は、特に反響が大きかったですね。私はバカだからできるんだと思う(笑)。

 

IG: madaew99

ブロックのドレス。どうやって着ているのか よく訊かれますが、トップシークレット(笑)

 

 

IG: madaew99

実家の敷地にある薪で作った木片のドレス。 横でおばあちゃんが薪を使ってお米を炊いていました(笑)

 

 

 

───これ、どうやって着ているんですか?

 

Madaewこれもトップシークレット(笑) ポージングや裁断などはどこかで習ったのですか? マ:ポージングや裁断は、タイのファッション誌「グラスティー」のモデルやファッションを参考にし、鏡の前で自分を見て練習しました。実家の隣が縫い子さんの家だったので、布をもらって服を作っていました。

 

───ファッションに興味を持ち出したのはいつ頃からですか?

 

Madaew5~6歳の頃にバービー人形をもらったのがきっかけです。バービーの服が1着しかなかったので、自分で服を作ったんです。それがファッションへの興味の始まりだと思います。 子供の頃、お母さんに女の子の服を着せられていたんですが、その頃はまだ自分が男だと思っていました。「この服は違うでしょ?」って言ったりもして……。でも、お母さんは私がお腹にいる頃から女の子が欲しいって思っていたそうなんです。7歳下の弟は超男の子!って感じの子なんで、私が女でちょうどよかった。お母さんはラッキーだと思います。

 

クンメー:Madaewのお母さん世代は今より保守的だったし、ガトゥーイについての情報も少なく偏見がありました。ガトゥーイの子は親との関係で問題があることも多いけど、Madaewは両親がガトゥーイであることを理解して全面的にサポートしているので、幸運だと思います。

 

IG: madaew99

初めて撮った写真。実家の隣の縫い子からもらった布を使って撮影しました。

 

 

───有名になって周囲や友人からの反応は変わりましたか?

 

Madaew昔から変なことばかりしていたし、芸能人になるのが夢だったから、有名になっても周囲は特に驚いていないです。両親以外の親族には「普通に仕事しなさい!」と言われていたけど、自分の道で絶対やりきる自信があったので、気にしていませんでした。

 

───実家はイサーン(タイ東北地方)ですよね?

 

Madaewはい。コーンケーン県です。街の中心から20km程離れたところです。実家は山や池があり、とても広い公園みたいなので飽きない場所です。SNSにアップする写真は実家の敷地内で撮っていることが多いです。

 

───地元は好きですか?

 

Madaewイサーン大好き! イサーン人が考えた生活の道具はすごいと思うし、何でも食べるし、どこにでもいれて、寝られて、我慢強くて、頑丈で。そんなイサーンの人々やライフスタイルをリスペクトしています。

 

 

 

───今はバンコクに住んでいるのですか?

 

Madaew今はクンメーと一緒にバンコクに住んでいます。クンメーが生活面で厳しすぎてたまに喧嘩になるけど(笑)。以前は、感性に従って確信を持って表現していたけど、仕事だとそうはいかない。私だけの表現だけでは仕事にはならない。人と一緒に仕事をする方法をクンメーから学びました。

 

クンメー:最初は自分の意見が絶対って感じでしたが、今は社会性が出ました。私はマネージャーとしてというよりも家族の一員としてMadaewをサポートしています。仕事のプレッシャーの具合をみて、休みや食事のケアしたり、生活面のディレクションが私の担当です。クリエイティブのディレクションはすべてMadaewに任せているので、わたしはスマートフォンでの撮影や衣裳製作のサポートだけです。

 

───いいパートナー関係ですね。 クンメーはずっと芸能関係の仕事をしてきたのですか?

 

クンメー:19~21歳まではカリプソ(バンコクにあるガトゥーイのキャバレーショー)の舞台に立っていたのですが、その後、教師に転職しました。小学5年生から高校1年生のタイ舞踏と社交ダンスのクラスを受け持っていました。普通の教育は左脳教育ですが、私は右脳を教育するということを意識して教えていました。アート、音楽なども教えていました。

 

───いつからMadaewのサポートを始めたのですか?

 

クンメー:ちょど1年くらい前です。シンガポールのAsia's next top model contest(東南アジアで有名なリアリティー番組)にMadaewが選抜され、タイ代表となったときからです。初めて会ったときは、私たちと同じファッション好きのただのガトゥーイだと思ったんですが、シンガポールに一緒に行ってMadaewの感性は特別だと気づきました。それで、彼の才能を伸ばすためにマネージャーになりました。

 

MAZIRU X Madaew

 

Photo: Yoko Sakamoto (Behind the scenes)

 

Please reload

Related Articles
Please reload